フリーターと就職

比較的新しい言葉にフリーターがあります。正社員にならずに日々の生活費を稼いでいる人たちがフリーターです。生活の手段として、パートの仕事やアルバイトをしている人たちを指します。どのようなスタイルの職についているかを表しており、職種とは無関係です。フリーアルバイターという言葉も同じ意味で使います。フリーターの実態を把握するための調査を厚生労働省が行ったのは1991年です。この時にフリーターとして調査対象となった人たちは15歳~34歳の男性か未婚の女性で、在学もしくは就職していない者とされました。現在、就業している者については勤め先における呼称が、正社員ではなくアルバイトやパートと呼ばれている雇用者である事です。派遣やアルバイト、パートの仕事を探している人もフリーターのカテゴリに当てはまるものとします。学生や家事見習い、正社員を希望する求職活動中の人は除外されます。フリーターという言葉は1987年にアルバイト情報誌の編集長が生み出し、その後一般化されて、広辞苑にも記載されました。和製英独語であるフリーランス、アルバイターの造語の為に、入国審査の際の職業欄にフリーターと書いても通じる事はありません。フリーターに相当する英語は、パーマネントパートタイマーとなります。1980年代後半のバブル経済の時期に、ミュージシャンや俳優になるという夢を持っている為に、正社員として就職せず、日々の生活費はアルバイトで稼ぐ若者がいました。それまで正社員ではない人には、プータローといういささか見下した呼称がついていました。しかし、真面目に人生を行き、夢の実現に向かう若者にエールを送りたいとして、フリーターという言葉が生まれました。http://www.j-guide.biz/