フリーター就職事情の今後

この頃は経済が戻ってきて会社の経営も回復しつつあり、新卒者の採用状況は以前の状態に戻りつつあります。フリーターの人数は徐々に減ってきています。増加するフリーター、ニートを減らすために政府は幾つかの雇用促進策を出しているので、その影響もあるでしょう。正社員を希望しながらフリーターやニートの道を選ぶ若者は減ってきているようです。大学や高校を出たばかりの者が仕事を見つける割合も、労働人口も増えています。大体、1980年代後期のバブル期の状況までは戻っているといわれています。フリーター人口は、経済状況が変わらなければ減少の一途でいけるのでしょうか。フリーターの就職事情は、現代の若者の考え方が変わってきている為に、フリーターの人数が減るという楽観的な考え方は出来ない様です。フリーターになった理由で多いのは、仕事以外にしたい事があるから、自由な働き方をしたかったから、正社員として採用されなかったからという回答です。景気が回復して求人が増加し、政府の雇用促進策などの効果もあって働き口が探しやすいという状況にもかかわらず、望んでフリーターという状況にいる若者も決して少なくはありません。かつて、フリーターの大多数はバブル崩壊により正社員になれないという事情を抱えていました。望んでフリーターであり続けている人の心情は、必死に仕事を探したという人や、定年後も働き続けたいという人たちにはわかりづらいのではないでしょうか。http://www.mistressastrid.com/