これ迄のフリーターと就職事情

1980年代後半はフリーターという単語が一般的になった頃です。この頃、日本経済は上昇気流に乗っていました。24時間営業のコンビニチェーンの急増や、建設ラッシュに伴う建設業界の人手不足によって、夜間勤務や肉体労働に従事する事のできるフリーの労働力が求められていました。雇用の場は売り手市場であったこともあり、正社員にこだわらずともアルバイトを繰り返すことで生活に必要な金額を稼ぐことができ、夢を追う余裕がありました。バブルが崩壊して景気が下向くと、今度は給与の高い正社員ではなく必要な時に必要なだけ雇えるアルバイトの求人が増加し、正規の雇用が減少するという状況になりました。そのため、就職活動をしても数多くの若者が正規採用につけず、企業は新採用の人数を減らしていくという就職の厳しい状況にもなりました。フリーターを希望していない人たちも、就職出来ずにアルバイト等で生活せざるを得ない人が増えていきました。バブル期のフリーターは約62万人。これは厚生労働省の定義に基づく調査結果によるものです。その後にフリーターの数は急速に伸び、12年後の調査では220万人に届こうとしています。フリーターの総人口が急増した事は、企業側の要因が大きな影響を及ぼしています。正社員を新しく採用せず、パートや派遣を用いて人件費を削りながら労働力を確保することが、経済情勢悪化への企業側の対応でした。企業によっては、正規雇用には中途採用を増加させて即戦力を期待し、新卒者の雇用を減らしているようです。力を入れて就職活動に打ち込んでいても、正社員になれない人が増えているのは、求人側の採用スタイルが時代と共に変わってきていることが原因といえます。痩せるためのコツなんてあるのでしょうか

仕事の市場について

国語辞典によると、仕事という言葉の意味は「職業や業務として、すること。また、職業」と書かれています。職業についての売り手と買い手、つまり働き手と雇用主の状況を仕事市場といいますが、状況はどうなっているでしょう。労働者に支払われる賃金水準は下り坂傾向にあり、給与の引き上げや賞与の見直しを訴える声は大きくなっているようです。2008年度に正社員の賃金引上げがあると回答した企業は約4割です。昨年、一昨年と続き2008年度も賃金アップがあるなど、近年はずっと賃金上昇圧力が強い傾向があります。個別に仕事市場を見た場合、製造とサービスの分野での上昇が顕著です。不動産や金融の分野では、ベースアップを回答した会社はごく少数でした。賃金の上昇圧力が高まる中、正社員の賃金のベースアップ要求に企業が応える様になってきていると考えられます。では、正社員以外の雇用状態にあるパートタイマーやアルバイト、派遣の職にある人たちはどういった仕事市場にいるのでしょう。2008年の回答では、給与の引き上げを回答した会社は正社員の4割りに対して2割程度で、前年の若干の増加に留まっています。賃金引上げがないと回答した企業は4割を超えており、正社員に比べるとかなり厳しい仕事市場である事が浮き彫りとなっています。これで口臭と決別できました